トップ / 無駄の少ないオフィス作り

無駄の少ないオフィス作り

オフィスでの節電対策

オフィスでできる節電

オフィスで節電対策ができると運営コストの削減にもつながり、環境にも配慮できるというメリットが生まれます。一人一人が使用していない電子機器のコンセントを抜くだけでも待機電力の節約になり、パソコンのスリープ機能をうまく利用して、席を立つときには省エネモードにするなどの工夫もできるでしょう。いちばん利用する蛍光灯をLEDに変えるという手もあります。またエアコンは設定温度を冬は低めに、夏は高めにして、服装を厚着・薄着にすることで大幅な電力使用量の節減につながります。一工夫をしてオフィスでの過ごし方を見直してみませんか。

省エネ

無駄を省いた節電対策とは

オフィス内と言うのは、蛍光灯やパソコン、その他季節によってはエアコンなど、電力の消費が激しい場所です。少しでも消費量を下げるため、節電対策をとるオフィスもあることでしょう。その方法として、エアコンの設定温度を高めにするというものがありますが、他にもできる工夫があります。例えば、休憩時で人が部屋からいなくなる時には電気を消すと言う方法があります。残っている人がいることもあるでしょうが、スイッチが複数あって部屋の色々な箇所がつけられるようになっていれば、複数箇所消したとしても、残っている人に影響がないということもあります。このように、無駄を省く意識をしておくことが大切です。

↑PAGE TOP